株式会社BEC CEO 日記

「Gozal」を運営する会社での日々

採用候補者によってプライオリティの違う4つの概念

f:id:gozal:20180418134100j:plain

 

 

株式会社ライフルの人事本部長 羽田さんの著書「日本一働きたい会社のつくりかた 社員が夢中になれる企業、ライフルの人事は何をしているのか?」を読んだ。

 

いろいろな学びがあるが、採用能力を強化する上で、とてもシンプルで重要なフレームがある。

 

「採用候補者が何を重視しているか?」という問題について4つのタイプがあるという記述。

 

①ビジョン、事業内容
②仕事内容、成長
③企業文化、人
④企業規模、待遇

 

当たり前ではあるが、人によって何を重視しているのかは異なる。

相手が自社に来て幸せになれるかどうかを見極める上でも、価値観パターンを把握していくことは重要。

 

お互いにニーズを満たすことが長期的な関係性を築く上で重要なので、しっかりと整備しておきたい。

 

全ての領域の魅力を強化していくことも当然必要だが、会社のフェーズや状況によっては、どれかにあえて絞ることも必要なケースもある。

 

とりあえずやっていきたい改善ステップとしては下記。

1.各ニーズにさらに対応するためにどういった事実が必要か

2.事実を築くために必要な具体的なアクションは何か

3.具体的施策を実行する計画とリソースを確保

4.結果測定して、差分を分析し、1に戻る。